歯科助手になるには

歯科助手になるには


歯科助手に資格は必須ではない

歯科助手は歯科医師のアシスタント業務をおこなう仕事です。歯科助手として働くには、歯科衛生士のように特別な資格は必要ありません。
歯科助手の主な仕事は、アシスタントといっても、歯科医師の診療や治療に必要な器具の準備や受付業務なので、直接患者さんの口の中に触れることはないからです。ですから、歯科助手は「未経験」でも「経験や資格は不要」で働くことができ、実務経験を積むことでスキルアップしていく仕事となります。

歯科助手に応募する方法

      高校を卒業時、または卒業後の就職活動をする方法です。高校卒業程度の学歴があれば十分仕事に就くことができます。
      大学、短大、専門学校を卒業時、または卒業してから歯科助手を目指して就職活動をおこなう方法です。学校は、医療、介護福祉、保健学科であれば非常に有利になりますが、資格が不要なのでもちろん学校で医療系の専攻でなくても大丈夫です。

就職後も勉強を続けることが必要

医療機関という特殊な環境で常に勉強する意欲があるかどうか、そして患者さんやスタッフと円滑にコミュニケーションをとっていけるかどうかということの方が歯科助手には大切なことです。


歯科助手に向いている人

歯科助手に向いている人とはどういう人なのでしょうか。歯科助手に求められる能力についてご紹介します。

コミュニケーション能力がある人

来院される患者さんの多くが、歯の痛みと治療に対する不安を抱えています。そのため、受付や治療のサポートをする時に、患者さんに安心してもらえるように優しく言葉をかけたり、気配りができる、コミュニケーション能力の高い人材が求められます。
また、当院はスタッフが少数です。毎日、少人数で働く職場となるので、歯科医師、歯科衛生士、他の歯科助手仲間との人間関係や信頼関係も円滑に築くことのできる人が求められます。

マナーを守れる人

歯科助手は、患者さんとのコミュニケーション、歯科医師や歯科衛生士とのコミュニケーションを取るのが上手な人に向いています。
明るく親しみやすい人は患者さんにとっても安心感があります。しかし、スタッフ同士の言葉遣いや患者さんへの言葉遣い、接客態度など、社会人としての最低限のマナーを身につけており、しっかりとした対応ができる人が向いています。

向上心のある人

歯科助手は歯科医師のサポートをする仕事ですから、歯科治療に必要となる器具の名称や専門用語を覚えたり、機械の使い方を覚える必要があります。
また、医療事務の勉強も必要です。そのため、専門知識を学びたいという向上心のある人が歯科助手に向いています。わからないことは素直に尋ねられる、自発的に物事に取り組もうとするなど、やる気のある人であれば歯科助手の適性があります。


歯科助手は未経験でも大丈夫?

未経験でも可能

歯科助手として働くにあたって特別な資格は必要ありませんし、未経験でも可能です。正社員としての採用はもちろん、高校生でもアルバイトとして採用しています。

しかし、歯科助手の仕事は未経験でも働けるとはいえ、職場は医療機関です。患者さんにとっては、歯科衛生士も歯科助手も見分けがつきませんし、未経験の歯科助手かベテランの歯科助手かも一目見たくらいではわかりません。ですから、患者さんに安心して通院していただくためにも、医療を担うプロとしての自覚をもって仕事をきちんと覚えて、仕事をひとつずつ確実に丁寧にこなしていく必要があります。

わからないことは、わからないと正直に伝える

医療現場の経験や知識がないと、治療で使う器具の名前や専門用語が難しく感じられたり、理解できないこともあります。
しかし、そこで挫折せずに、わからないことがあれば先輩スタッフに素直に質問し、学ぶ姿勢が大切です。初めてであればなおさら、わからないことが当然です。しかし、わからないことをわからないままにすることはダメです。
未経験で働くことのメリットは、現場で実務経験を積みながら仕事を覚えていけるという点です。

失敗は成功のもと!実務経験を深める

実際に働きながら学んだ知識と経験は、歯科助手としての財産になります。失敗を恐れず、失敗から学んだことを活かして成長していくことで未経験でも仕事に慣れ、一人前の歯科助手になれます。


歯科助手に向かないタイプ

歯科助手は、患者さんやスタッフとのコミュニケーションが上手にとれる人、接客マナーの良い人、歯科の専門知識を勉強する意欲のある人が向いていますが、慣れるまでに時間がかかる、向かないタイプはどんな人でしょうか。

勉強する意欲のない人

歯科助手の仕事は、治療のアシスタント、医療器具の洗浄・消毒・滅菌や器具のセット、患者さんをユニット(診察台)への案内、片付けなどの業務と来院受付や次回予約、電話応対などの受付業務です。
そして、受付や電話応対をしていると、患者さんから治療内容や治療している歯はあと何回来院すれば治るのかなどの質問されることがよくあります。
これは、治療中に歯科医師に聞きそびれた、忙しいそうで聞きづらかったなどが理由です。
基本的には患者さんからの質問は、歯科医師がすべて対応します。しかし、すべての対応を歯科医師に任せると診療が回りませんので、簡単な質問やよくある質問などは、歯科医師から指導をあおぐ、自分なりに専門書で勉強するなど努力も必要ですので、勉強が嫌いな人、専門用語や専門知識を深める意欲のない人は歯科助手に向かない可能性があります。

血が苦手な人

歯科助手は受付業務や診療のアシスタント業務だけで、直接患者さんに触れないので血が苦手でも大丈夫だろうと思っている人も多いのですが、診療をサポートするとき、患者さんの唾液や歯や詰め物を削ったときに出るカスを吸い込む「バキューム」という作業をします。
口の中にバキュームを差し込むので、患者さんには触れませんが、患者さんの口の中を覗き込みながらバキュームしますので、血を見て気絶するほど苦手な人は歯科助手に向いていない可能性があります。

患者さんを触りたくない人

患者さんに対して、マイナス思考の特別な意識で、接したくない、触りたくないというタイプの人は歯科助手に向いていません。


歯科助手の心構え

清潔感と身だしなみ

歯科医院が職場となる歯科助手は、清潔感のある制服やメイクをして、身だしなみをきちんと整えておく必要があります。
ネイルはもちろんダメですし、アクセサリーも制服に着替えるときに外しておかなければなりません。小粒のピアスや結婚指輪はOKですが、派手なものや凹凸のあるアクセサリーはNGです。爪は短く清潔にし、メイクもナチュラルで清潔感のあるメイクを心がけましょう。
また、髪色は金髪や茶髪などはNGで、カラーは7番までならOKです。ロングヘアーの場合、ヘアゴム等でまとめれば特に問題ありませんが、前髪が長いと不衛生に見えますので、ヘアピンで留めます。
そして、昼食の後には歯磨きをして、歯を清潔にしておくことも自分の歯の健康を守るため、そして患者さんに接する上でのマナーです。

礼儀正しく明るい接客マナー

歯科助手は、治療をおこなう歯科医師のアシスタント業務だけではなく、電話応対、予約の患者さんのご案内、次回の予約業務、会計などの受付業務もこなします。
患者さんが歯科医院に来られた時に正しい言葉遣いで、礼儀正しく、そして明るく対応するようにしましょう。知人や友人が来院しても、最低限の社会人としてのマナーを守って、礼儀正しく対応することで、他の患者さんからの好感度も上がります。

歯科助手はヒロデンタルクリニックの顔

一人前の歯科助手になるための心構えには、身だしなみ、礼儀正しい態度、言葉遣いに気をつけることはとても大切です。しかし、それ以上に大切なことは明るさと笑顔です。
どれだけ清潔に身だしなみを整え、言葉遣いが丁寧であっても、明るい笑顔がなければ重苦しく感じてしまいます。特に受付の仕事を担当しているときは、笑顔が重要です。
顔の見えない電話応対、痛かった治療を終えた患者さんなど、患者さんに最初と最後に接するのは受付なのです。ヒロデンタルクリニックの顔であることを意識して明るく笑顔で接するように心がけましょう。