歯科助手の仕事内容と役割・魅力

歯科助手の仕事内容

歯科助手は、歯科衛生士と違い、国家資格の不要な職業です

受付・電話応対・予約業務

歯科助手が担う事務的な主な仕事は、来院した患者さんの受付、カルテの整理(紙カルテの準備・レセプトコンピュータからカルテ印字)、ユニット(診察台)への案内、次回予約、会計、お薬の受け渡し、そして電話応対などがあります。
また、歯科技工所に注文した入れ歯や差し歯などの受け取り、宅配便や郵便物の受け取りや院内の清掃なども歯科助手の仕事となります。
歯科助手といっても歯に関する業務だけではなく、こういった仕事もあります。

歯科医師のアシスタント業務

治療に関わる仕事内容は、歯科医師の治療をサポートをすることです。
治療に必要な器具の準備と歯科医師への受け渡しはもちろんのこと、そのほかにもさまざまな作業があります。
患者さんの口の中が良く見えるようにライトを調整して照らしたり、患者さんが治療中に唾液がたまって辛くならないように、また削った歯や詰め物のカスを吸い込むためにバキュームをします。
歯科医師や患者さんの気持ちを考えながら動くようにすれば次第に慣れてきます。


歯科助手の役割

歯科医師のサポート

器具を渡したり材料を準備するなど、スムーズに診療を行えるようサポートするのが、歯科助手の役割です。
アシスタントにつくにあたって、治療の流れや使用する器具、専門用語をきちんと把握しておく必要があります。
また、診療中は次に必要になるものを予想し、先読みして動くことも歯科助手には求められます。歯科医師の手を止めることなくスムーズにアシスタントができる歯科助手は、歯科医師と患者さんにとって心強く、頼りになる存在です。

歯科助手は縁の下の力持ち

歯科助手は診療のアシスタントだけでなく、受付業務・カルテ管理・予約管理・備品管理・院内清掃など、あげたら切りがないくらいさまざまな業務があります。
また、患者さんの多くは不安や悩みを抱えて来院するので、声掛けをしたり、話しを聞いてリラックスしてもらうことも歯科助手の大切な役割です。歯科助手は来院した患者さんと一番初めに顔を合わせますし、患者さんとコミュニケーションを取る機会が多いため、「クリニックの顔」という存在になり、医院の印象は歯科助手で左右されることも少なくないのです。
どんなときも患者さんへの気配りや思いやりを忘れず、笑顔で明るい応対を常に心掛けることが歯科助手の仕事をする上で求められます。


歯科助手の魅力

資格や経験がなくても始められる

歯科助手は歯科医師や歯科衛生士とは異なり、資格や経験がなくてもなることができる職業です。未経験でも勤務可能で、明日から働こうと思えば、働くことも可能なのです。
しかし、スムーズに診療アシスタントを行うためには、歯科の専門知識やスキルを身に付けることが必須となります。
歯科助手はアシスタントを通して常に診療を見ているので、歯科医師や歯科衛生士と同じように歯科知識があっても決して不思議ではありません。
最初は聞いたことのない専門用語や器具の名前に戸惑うかもしれませんが、親切で丁寧な研修で新人教育に力を入れていますので安心してください。

自分の生活スタイルに合った仕事ができる

歯科助手は正社員、アルバイト、パートなどさまざまな雇用形態があり、自分の生活スタイルに合った働き方ができることも魅力の一つです。
また、身に付けたスキルは一生ものになるので、結婚や出産、引っ越しなどで一度仕事から離れても、比較的再就職をしやすいといわれています。

患者さんと歯科医師の架け橋

患者さんが安心できるような雰囲気作りをしたり、不安を聞いて励ますことも歯科助手の大切な仕事です。子どもからお年寄りまでさまざまな年代の患者さんの応対や、診療スタッフとの情報共有を通して、コミュニケーション能力を養うこともできます。
歯科助手は患者さんと歯科医師の両方をサポートし、架け橋となることで医療に貢献できるのが最大の魅力かもしれません。「人の役に立ちたい」「人と接することが好き」「さまざまな業務を経験したい」「手に職をつけたい」という方にピッタリな仕事です。