歯科医師に求めるもの

歯科医師に求めるもの

あなたは素直ですか?

何か言われたときに、すぐに「でも…」、「だって…」、「忙しくて…」とできない理由ばかりを言う人は、何をやっても上手くいきません。
「先ず、やってみよう!」「言われたことはやってみよう」という素直さがある人にメンバーに加わってほしいと思います。

素直さがなければ、他のチームメンバーと上手くやっていくことも出来ません。素直に、謙虚に人の話を聞き、受け入れることが出来る人を求めています。

自分の考えに固執し、他の人のやり方、考え方を聞けない人はダメです。
「どうしたら良いでしょうか?」、「わからないんですけど、教えていただけないでしょうか?」と聞ける人を求めています。


あなたは「歯科医師は偉い」と思っていますか?

なぜだか分かりませんが、「歯科医師だから偉い」と思っている人がいます。
はっきり言って、そういう人には絶対に当院には来てほしくありません。そういう歯科医師は患者さんにも偉そうにするし、当院の大切なスタッフにも偉そうにして、医院をかき乱しますし、素直に人の言うことを聞けません。

歯科医師はサッカーで言えば、センターフォワードかもしれません。
センターフォワードが点を取らなければ、試合には勝てません。同じように、歯科医師が治療をしなければ、やはり、医院は成り立ちません。しかし、だからといってサッカーで点を取る人が偉いのかというと、そうではないですよね?

チームで仕事をしているわけですから、それぞれの役割をこなし、お互いにフォローしあうことで、チームは強くなるのです。私たちがより強いチームになるためには、単独プレーしかできずに「自分中心に世の中が回っている」と勘違いしている歯科医師ではなくて、自分の仕事もしっかりしつつチームプレーができる人です。

また、患者さんの気持ち、スタッフの気持ち、院長の気持ち、そういう人の気持ちが分かる情緒、人の気持ちを理解しようとする思いやりも必要です。
自分のことしか考えてない人は必要ありません。


あなたは勉強が好きですか?

歯科医師である以上、勉強するのは義務だと思います。
歯科医師が勉強していなかったら、ダメですよね?たとえば勉強会に最低でも年間3回、自費参加しないような歯科医師が成功するのは難しいと思います。
この話を聞いて、「歯科医師が自費で勉強するのは当たり前じゃん、それぐらいやっているよ」という方を募集しています。

  1. 治療を勉強するのは当たり前の義務だと思いますが、患者さんへの応対をどれだけ勉強していますか?
  2. 患者さんに気持ちの良い挨拶ができていますか?そのために、何か努力しましたか?
  3. 患者さんとお話しするときに、患者さんの正面に回るようにして、話していますか?
  4. 患者さんとお話しするときに、マスクを取って話していますか?
  5. 患者さんとお話しするときに、笑顔で話していますか?
  6. 患者さんがチェアに座ったときに、天気の話や、患者さんの個人的な話ができますか?

このようなことは治療の勉強と同じくらい大切なことです。しかし、これまで、このようなことを考えたことのない方は、他に行かれることをオススメします。


あなたはガッツと体力がありますか?

歯科医院で働く上では、絶対に大変なこと、嫌なこともたくさんあります。楽しいことばかりではありません。
それは、どこでも一緒です。しかし、それを「なにクソ!」と乗り越えられるガッツがある人と、そこから逃げてしまう人がいます。

当たり前ですが、ガッツのある人を求めています。

また、当院は体育会系です。体力がないと持ちません。朝から晩まで元気な人でないとやっていけません。患者さんに元気なパワーを与えてあげられる人でないと務まりません。

暗い人は院長の金子と合わない、ついていけないので止めたほうがいいでしょう。


あなたは開業して成功したいと思いますか?

「別に、開業して成功しなくても良いや。お父さんがお金出してくれるし」
「別に、そんな無理して、開業して借金返せなくなるよりは、一生、気楽な勤務医のほうが良い」
「家族との時間を犠牲にして、開業を成功させるよりも、幸せな家庭のほうが大切だ」
こんな先生は、他に行ってください。
きっと、開業しても上手くいきません。何かを得ようと思ったら、何かを犠牲にしなければいけません。それは絶対的な法則なのですが、それを理解できない方は、仕方ありません。

あのイチローでさえも、小学校時代は毎日、学校から帰ると裏山のグラウンドに行き、お父さんと野球の練習をし、家に帰ると、食事をした後に、空港口バッティングセンターというところに行き、ピッチングマシーンを相手にバッティング練習した後に、お風呂上りに、父親が足の裏のマッサージをするという生活を365日のうち、360日もしていたのです。

当然、小学校の友達と遊ぶ時間はありません。そういうことをあのイチローでさえも犠牲にしていたのです。そこまでしなくても、いいとは思いますが、多少のことを犠牲にする覚悟があるかどうかが、あなたの成功を左右すると思います。全国的に成功されている先生方とお話をすると、皆さん、少なからず、何かを犠牲にしているものです。

「じゃあ、ヒロデンタルクリニックで働いて、何か良いことあるの?」と思われるかもしれません。
当院で働くと、あなたの開業成功にとって、こんないいことがあるはずです。

患者さんとのコミュニケーションの取り方がわかる

当院は、患者さんとのコミュニケーションにこだわっています。患者さんの求めているものを引き出すコミュニケーション能力が身に付きます。

多くの患者さんを診れる

最近では、多くの医院で患者さんが減っているので、歯科医師が多くの患者さんを診ることで臨床経験を積むことが難しくなっています。ですから、卒後4年経っていても、十分な保険治療もできない歯科医師が増えているのです。
しかし、当院で貪欲に働いた歯科医師であるならば、多くの患者さんを診ることで、臨床経験を積むことができ、技術を磨くことができます。
また、限られた時間内で多くの患者さんを治療することもできるようになります。いわゆる「手が早くなる」というやつです。これは、自分が開業したときには、重要な問題なのです。

医院経営を学べる

当院は、他の医院に比べれば、医院経営に力を入れていると思います。そのような取り組みを学べる環境というのは、実は、かなり少ないのではないでしょうか?
将来、開業すれば、絶対に経営は必要になります。その経営をほとんどの人は開業してから勉強するのです。
だから、今、開業する先生は苦労するのです。
経営を勤務している頃から、十分に勉強した先生がこれから成功していくのだと思います。それを働きながらにして、お金もらいながら、勉強できるのは大きなメリットだと思います。


あなたは子供が好きですか?

当院は子供の患者さんが多いです。ですから、子供が嫌いな方には、向いてないと思います。
午後は、子供が走り回っています。


あなたはハキハキと話すことができますか?

ハキハキしゃべれないと、患者さんも信頼してくれませんし、周りのチームメンバーも拍子抜けしてしまいます。
ハキハキしゃべり、キビキビ行動し、気持ちよく挨拶し、笑顔で応対できる方を求めています。