歯科衛生士の1日の流れ

フルタイムの歯科衛生士の1日

当院での勤務時間は、準備や片付けの時間を含めて、診察時間の前後1時間程度となります。
9時から18時が診察時間ですので、8時半までに出勤し、残業がなければ19時30分頃に帰宅できます。

8:30 出勤、準備

診察開始時間の約30分前に出勤し、制服に着替え身だしなみを整えて仕事がスタートします。患者さんが気持ち良く診療を受けられるよう、まず院内の清掃を行います。機材の準備もし、清掃が終わると予約の患者さんのカルテを見ながら、一日の仕事内容とスケジュールの確認をします。

9:00 午前診療

午前の診療が始まると患者さんを笑顔で迎えることが大切です。コミュニケーションをとりながら、口の中の状態を確認し、歯科衛生士としての業務を行います。
午前診療の終了は13時です。

13:00 休憩

午前の診察が長引くこともありますが、お昼の休憩が長めに設定されています。
午後の診察が始まるのは14時30分です。

14:30 午後診療

午前と同様に診察が始まったら、それぞれの患者さんに応じた対応をします。

19:30 業務終了

18時〜18時30分頃に最後の患者さんの会計が終了したら、スタッフ全員で後片付けと清掃を行い、歯科衛生士の一日が終了です。


歯科衛生士も拘束時間が長い

基本的に医療機関に勤務する場合、実働時間は8時間であっても拘束時間が長いです。
これは診療時間が18時までですので、8時30分からの勤務開始から9時間30分の拘束時間となります。これによってお昼の休憩が1時間30分と長いのです。一般企業であれば1時間の休憩ですが歯科医院などの医療機関はほとんどが1時間30分~2時間程度とっています。
午前診療の患者さんの治療が長引いたり、午後診療の患者さんが早めに来院することもあるので、実際は1時間30分休憩ができない日もありますが、休憩に入る時間をシフト調整しできるだけ対応しています。
また、一般企業と違い定時退社は現状難しいです。最後の患者さんが終了してから、片付けをしますので実際19時30分までかかるということを覚えておきましょう。